CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS


パワーストーン




無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪


無料占いプルモアpresents☆

タロット・恋愛占いはココから★




ブログパーツ 無料婚活












qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
【アニメ】韓国発、全世界行き!〜CGアニメーション「鉄拳戦士アイアン・キッド」がついに日本上陸![11/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1289387648/

1 名前:ちょーはにはにちゃんwφ ★[] 投稿日:2010/11/10(水) 20:14:08 ID:???
(写真)
N0028287_l.jpg
▲ こちらアイアンキッド、これより日本のアニメ業界に突入する!


世界20か国以上で放映されている韓国発のCGアニメーション「鉄拳戦士アイアン・キッド」が12月よりアニマックスで日本初放送されることが明らかになった。同作は、これまで日本のアニメを韓国に紹介してきた大元メディアが手掛けた韓国を代表するアニメーション作品だ。

同作は、人類初のロボット戦争から100年後、伝説の究極兵器「アイアン・フィスト」を手にしたマーティーが謎の少女エリーと出会うことから始まる冒険と戦いを描いたCGアニメーション。アメリカやフランスなどすでに世界20か国以上で放映され、のべ1億人以上の子どもたちが視聴しているなど、世界的な人気を誇っている。

本作を制作した大元メディアは、日本のアニメ・マンガを韓国に紹介してきた韓国を代表するアニメーション制作会社。海外でも人気の高い日本のアニメだが、裏を返せば、レベルの高い日本のアニメ業界は、海外からの参入が難しいというのが現状。大元メディアは、韓国国内などで複数の賞を受賞している本作で、韓国のアニメが日本でどれほど通用するかを試すこととなる。

今年は、韓国産ロボットアニメ映画『テコンV』が日本でも上映されたが、これは30年以上前の作品。現代の韓国アニメが放送されるのは珍しいが、韓流ドラマや映画などで韓国の文化が市民権を得た現代の日本でなら、人気を手に入れることも不可能ではないかもしれない。

アニメ「鉄拳戦士アイアン・キッド」は12月10日よりアニマックスで放送予定

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0028287

よつばと ジャンボ なんじゃそりゃあ!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
続きを読む >>
玉置 麗華 | アニメ・マンガ・マンファ | comments(3) | - |
【韓国】「嬉しい!」〜日本のTVアニメ『クロスゲーム』[08/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1281317717/

1 名前:ちょーはにはにちゃんwφ ★[] 投稿日:2010/08/09(月) 10:35:17 ID:???
(画像)
1281292423.760127_SSI_20100808160116_V.jpg

韓国内でも多くの熱血ファンを従えた、日本の漫画家のあだち充(59歳)。その作品を原作にしたTVアニメーションが、EBSを通じて放送されて注目を集めている。

7月23日から毎週水・金曜日、午後7時35分放送されている『クロスゲーム』である。EBS国際ドキュメンタリー映画祭が開催される期間(23〜29日)は、放送を休止する。

スポーツ、特に野球競技に甘いロマンスを添えた青春物が得意のあだち充は、男性読者はもちろん、女性読者の間でも人気が高い。代表作は『タッチ』、『ラフ』、『H2』など。厳密に言えば、スポーツ競技はロマンスに取り巻く薬味的な役割をする。三角関係、先にこの世を去った兄弟(姉妹)や友だちの夢を代わりに引き継ぐ構造など、似たパターンをしばしば繰り返すが、彼の作品は拒否できない魅力にあふれている。柔らかく可愛い絵に、ドタバタ的なユーモア感覚も引き立つ。

『クロスゲーム』はあだち充が『H2』以降、16年ぶりに再び野球を素材に選んだ作品だ。2005年から今年の初旬まで日本の週刊少年サンデーで連載していた。単行本は全16巻に収められ、韓国内でも出版された。日本では650万部以上販売されていて、小学館の漫画賞を受賞した。

韓国内で初めて紹介されるアニメーションは、2009年4月5日から約1年間TV東京を通じて放送された熱い作品だ。計50話。あだち充作品がTVアニメーションとして作られたのは、『H2(1995〜1996年)』以降13年ぶり。

スポーツ用品店を運営するパクさん一家(日本名=樹多村家)の一人息子テヨン(光=こう)は、近所でバッティングセンターを営むオさん一家(月島家)の四姉妹と幼なじみだ。テヨンは四姉妹のうち、同い年の次女のウンソ(若葉)とは無二の親友だが、野球好きのウンジェ(青葉)とは犬猿の仲。最初は野球に興味のなかったテヨンは、ウンジェの投球フォームに惹かれて野球に関心を持ち始める。テヨンは結局、小学5年の時に事故で死んだウンソの全国高校野球大会(甲子園)の夢を叶えるため、高校に進学して野球にまい進する事になる。

ソース:NAVER/ソウル新聞(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=081&aid=0002105575

これは酷い

JUGEMテーマ:韓国ニュース

続きを読む >>
玉置 麗華 | アニメ・マンガ・マンファ | comments(0) | - |
【アニメ】韓国で国民的人気を誇る巨大ロボットアニメ「テコンV」、渋谷で公開[08/06]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1281102633/

1 名前:ちょーはにはにちゃんwφ ★[] 投稿日:2010/08/06(金) 22:50:33 ID:???
(写真)
100603120517.jpg
▲ メカデザインでは、日本の巨大ロボットアニメの先駆け「マジンガーZ」との類似点も指摘される 。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

韓国初の本格ロボットアニメとして国民的人気を誇る劇場長編アニメ「テコンV(ブイ)」が8月7日より、「シアターN渋谷」(渋谷区桜丘町、TEL 03-5489-2592)で公開される。

全高56メートル、重量1,400トン、韓国の国技テコンドーを得意技に悪と戦う巨大ロボット「テコンV」の活躍を描いた同作。1976年に公開され、韓国初の本格ロボットアニメーションとして当時の子どもたちから多くの支持を獲得。その後もテレビなどでシリーズ化され、現在まで国民的人気を誇る。

今回の上映は、2003年4月に映画振興委員会のフィルム保管室から同作インターネガフィルムが発見されたことをきっかけにスタート。深刻な破損状態にあったフィルムを、フレームごとの手作業を通して再現し、デジタルリマスター版として公開に至った。現在韓国では、3DCGによるリメーク企画も進行している。

メガホンを取ったのは、同作で一挙に名を広めたというキム・チョンギ監督。作中では、テコンドーの実力派少年ファイター・フンが、ロボット工学の権威である父・キム博士の遺志を継いでテコンVのパイロットとなる。悪のロボット軍団とテコンVが大都会の真ん中や、砂漠を舞台に繰り広げるロボット合戦など、製作から35年を経て展開するメカデザインやアクションシーンに注目が集まる。

上映は21時20分〜。入場料は当日一般1,800円ほか。9月3日まで。

ソース:シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/7088/

(関連)
【アニメ】ついに日本公開!!〜映画『テコンV』[06/03]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1275541271/l50
【韓国アニメ/国内】映画『テコンV』オフィシャルウェブサイトオープン&おめん付チラシ配布開始[07/14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1279283272/l50
【朝日新聞・ひと】日本で上映される韓国アニメ「テコンV」の生みの親、金青基(キム・チョンギ)さん[07/26]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1280158119/l50

よつばと 小岩井さん とーちゃん

JUGEMテーマ:韓国文化
続きを読む >>
玉置 麗華 | アニメ・マンガ・マンファ | comments(2) | - |
【アニメ】ついに日本公開!!〜映画『テコンV』[06/03]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1275541271/

1 名前:ちょーはにはにちゃんwφ ★[] 投稿日:2010/06/03(木) 14:01:11 ID:???
<どこかで見たことあるようでないような伝説のコリアンロボットアニメ>

(写真)
100603120517.jpg

韓国では国民的人気を誇る不朽の名作が、デジタルリマスター版で蘇る!!

「潰せ!壊せ!ぶちのめせ!世界の平和と愛のために!!」

韓国初の本格ロボットアニメにして、1976年に公開されるや大ヒットを記録した劇場長編アニメーション『テコンV』。

テコンドーを駆使して悪と戦うロボット“テコンV”の活躍を描いた本作は、当時の子どもたちから熱狂的な支持を集め、現在でも韓国ではその名を知らない者はいないと言われるほどの国民的人気を誇っている。

近年では政府広報にまで登場し、3DCGによるリメイク企画も進行中だ。そんな伝説的作品が、最新デジタル技術によって修復され、ついに待望の日本上陸を果たす!

主人公フンはテコンドーの使い手で、世界大会に優勝するほどの実力をもつ若きファイター。ある日、彼はロボット工学の権威である父・キム博士を殺され、その遺志を継いで巨大ロボット“テコンV”のパイロットとなる。

その前に立ちふさがる悪のロボット軍団、暗い影を秘めた美少女アンドロイド、そして世界征服をたくらむ謎の組織・アカ帝国!副操縦士をつとめるガールフレンドのヨンヒ、フンを慕うヤカン少年チョリたちの助けを借りながら、フンと“テコンV”の戦いの火蓋が切って落とされた!!製作から35年を経た今でも、その衝撃と感動はまったく色褪せていない。

2010年、日本のアニメシーンに激震をもたらす驚異の傑作を見逃すな!!

シアターN渋谷にてレイトロードショーの韓国ロボットアニメ映画『テコンV』の初日が6月7日(土)に決定いたしました

公式サイト
http://www.kingrecords.co.jp/taekwon/

ソース:CINEMA TOPICS ONLINE
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=9983

まほろまてぃっく まほろさん はあ

JUGEMテーマ:韓国文化
続きを読む >>
玉置 麗華 | アニメ・マンガ・マンファ | comments(0) | - |
【韓国】日本に対抗、韓国もアニメ配信〜「悪魔の形相」W杯アニメ物議騒動で・・・[05/15]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1273891950/

1 名前:ちょーはにはにちゃんwφ ★[] 投稿日:2010/05/15(土) 11:52:30 ID:???
韓国代表オフィシャルサプライヤーのナイキコリアはこのほど、自社ホームページで韓国代表応援アニメーションの配信を開始した。韓国ではアディダスジャパンが配信した日本代表応援アニメーションをめぐり大きな物議に発展。そのため、韓国メディアは「ネット上でフラッシュアニメ対決が繰り広げている」と伝えるなど、高い関心を見せている。

韓国メディアによると、ナイキコリアは2010W杯南アフリカ大会に出場する韓国代表を応援するため、グラフィックアーティスト「Sticky Monster Lab」が制作したフラッシュアニメーションを自社ホームページで公開した。

アニメーションでは、赤く丸い体系をした可愛いモンスターが太極戦士(韓国代表)として登場し、赤い悪魔(韓国サポーター)からの応援をエネルギーに相手国と戦う。

中には、パク・チソン選手の背番号7番をつけた赤いモンスターも登場。試合中にパワーが低下してしまうが、韓国全土にいる赤い悪魔からの熱い応援で心臓を爆発させ、相手国の攻撃を次々とかわして韓国を勝利に導く。

この可愛らしい応援アニメは、アディダスジャパンが配信したスピード感溢れる日本代表応援アニメとは真逆のテイスト。韓国のネット上には「パク・チソンの心臓にジーンとした」「4年前の感動を思い出した」「日本との考え方の違いがアニメーションに表れている」など大きな反応が寄せられている。

(関連画像=NAVER)
韓国 赤い悪魔

ソース:サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0514&f=national_0514_025.shtml

【韓国】「赤い悪魔の形相・・・W杯アニメ物議」〜アディダスジャパンが公式解明=削除修正[05/04]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1273790314/l50
【韓国】「悪魔の形相は我々のことか!」〜日本サッカーW杯アニメが物議[05/11]★2
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1273575279/l50
【韓国】「赤い悪魔」キム・ヨナ、ワールドカップ応援「大〜韓民国(テ〜ハミングク)」[05/04]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1273018734/l5


JUGEMテーマ:韓国


続きを読む >>
玉置 麗華 | アニメ・マンガ・マンファ | comments(0) | - |
/ 1/1PAGES /
ブログパーツ