CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS


パワーストーン




無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪


無料占いプルモアpresents☆

タロット・恋愛占いはココから★




ブログパーツ 無料婚活












qrcode
<< 【韓流】SHINee、ビートルズ『聖地』ライブ[04/27] | main | 【韓流】『イ・ヨンエのキムチ』発売で損害賠償請求へ・・・「肖像権使用、同意していない」[04/27] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
【韓国】「唐辛子は日本から韓国に伝わってきた!?」〜唐辛子のおもしろ由来[04/27]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1303867546/

1 名前:HONEY MILKφ ★[] 投稿日:2011/04/27(水) 10:25:46.11 ID:???
(写真)
E1302074751232_1.jpghttp://image.excite.co.jp/feed/news/Excite/bit/2011/E1302074751232_1.jpg
▲ 韓国の唐辛子の中でもよく使用されている“チョンヤンコチュ”と呼ばれる辛い唐辛子。

韓国料理から連想されるイメージとして、「辛い」料理が多いと答える人も少なくはないはず。その辛さの元となっているのがご存知の通り「唐辛子」ですが、その唐辛子が日本から韓国に伝わったものであり、伝わった理由が文禄慶長の役の際に韓国人を唐辛子で毒殺するためだった!? との説を耳に。聞き捨てならず、実際のところを調べてみようと、韓国食品研究院のチャン・デジャ先生に韓国に伝わっている唐辛子の由来について、直接聞いてみました。

1943年に発行された「故事通」という韓国歴史を記す書物に、ヨーロッパの唐辛子がタバコとともに文禄慶長の役の際に日本軍が持ってきたという内容が記載されており、1614年に書かれた「芝峰類設」という韓国で初めての百科事典にも「“倭芥子(唐辛子の別名)”の“倭”から日本から唐辛子が入ってきたといえる」とする記載がされ、また1978年に発行された「高麗以前の韓国食生活史研究」で、朝鮮出兵のときに武器(目潰しや毒薬)または血流増進作用による凍傷予防薬として日本からの兵が持ち込んだのではないかという伝来理由が記載されており、韓国ではずっと唐辛子の“日本伝来説”が通説となっていました。

しかし、数千年前からある山椒や胡椒を使用していた白キムチやトンチミ(水キムチ)が、唐辛子が入ってきたことでここ100〜150年ぐらいのあいだに完全に唐辛子のキムチだけとなり、またキムチの種類も急激に増えていったのかという疑問と、日本で1709年に貝原益軒により編纂された本草書 「大和本草」にも唐辛子が韓国から伝わったとあることが考慮され、2008年に唐辛子が文禄の役と慶長の役の際に唐辛子が日本から渡ってきたという説は根拠がないということが発表され、その後多くの学者たちにより研究が続けられてきました。

その結果、韓国での最近の有力説としては、現在韓国でキムチやコチュジャンなどに使用されている唐辛子と日本から伝来した唐辛子とは違った種類の唐辛子である可能性が高いという説です。…

その理由としては、1433年の文献『郷薬集成方』と1460年の文献『食療纂要』にコチュジャンを意味する“椒醤”という単語が出てきて、古文献を見ると多数“椒”という漢字にハングルで“コチョ(コチュ=唐辛子)”と明記されていたり、韓国でコチュジャンで有名な淳昌(スンジャン)コチュジャンのコチュジャンを“椒醤”と1670年代以降の文献では示されていること、また日本伝来説を通説とするきっかけになった文献の中にある「唐辛子が中央アメリカと日本を通じて韓半島に入ってきた」という部分で、850年の中国の文献「食医心鑑」を見ても“椒醤”という表現がされており、すでにかなり前から中国に唐辛子とコチュジャンの存在があったことなどがその理由となるようです。

これからもっともっと研究が続けられ今後新しい事実も判明するかもしれませんが、数年前まで世界でも唐辛子消費大国の韓国に唐辛子を伝えたのが日本だということが通説だったっていうのもおもしろい話ですよね。

ソース:エキサイト: ニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1302074751232.html?_p=1
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1302074751232.html?_p=2

トウガラシ 唐辛子

JUGEMテーマ:韓国料理!
2 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
ふぁびよるぞーwwwww

5 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
またファビョりだすぞ

7 名前:ゲルマン系大和民族 ◆QmCUSRFIfg
朝にしては少し長い文章なので、イントロと結論だけ読もうとおもったら、そんな初歩的な文章にもなっていなかったので、スレタイのみでカキコ。

最近日本由来であるものが明るみにでている例が増えてきたような・・・

9 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
どうあがいても事実は変わらない。
秀吉の半島遠征の時に伝わった。

10 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
どうしても日本から伝わった事は否定したいらしいな
あいつらの歴史研究はいつも結論ありき

12 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
こうまでしてルーツに拘るのは、自分たちの歴史が不確かだからかな

153 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>12

きちんと文献が残って入れば問題なんて起こらないのにな、、、

18 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
火病の原因をHIDEYOSHIのせいにするつもりかw

34 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>18
『唐辛子は秀吉が持ち込んだ化学兵器ニダ!』

という記事があったような気がする。

44 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>34
あったよww
そもそも化学兵器なんざ使うまでもなく、
日本兵一人と朝鮮・シナ兵の損害交換比率は1:5で、

島津にいたっては1:30なんて無双やらかした。

21 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
「韓国での」有力説ってのが笑えるな
たしか以前漢字が読めないから、古文書にある山椒をこれが唐辛子を表しているニダ!って根拠にしていたな

22 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
唐辛子が日本を経由して入ってきたことが否定できなくなったから
「元々あったけど、ちょっと違う種類が日本から来た」に変更したわけかw

24 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>1
× これからもっともっと研究が続けられ今後新しい事実も判明するかもしれませんが
○ これからもっともっと研究が続けられ今後新しい事実を捏造するかもしれませんが

26 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
とりあえず日本の唐辛子とDNA的に別の唐辛子であるって辺りから
実証しないと、客観的根拠があればいいんじゃね?
まぁ激しくどうでも良いが

28 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
これ書いたの、日本人の女かよ

33 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>28
>> 聞き捨てならず、実際のところを調べてみようと、韓国食品研究院の
>> チャン・デジャ先生に韓国に伝わっている唐辛子の由来について、
>> 直接聞いてみました。


一方的に聞いただけ

52 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん

中嶋一恵

http://tokuhain.arukikata.co.jp/seoul/

ソウル在住でチョンと結婚した女か?

30 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
1433年の文献とか1460年の文献とか
コロンブスのアメリカ発見より前に
唐辛子に関する文献が韓国にあるってことは
やっぱり唐辛子も韓国が起源ニダ

85 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>30
まあ毎度の突っ込みどころはそこだよね

59 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん

聞いた人間が韓国人という段階で信憑性が無いwwww


61 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
しかしまあ、なにからなにまで嘘の国の中で貴重な真実の通説だったのに
そこも消しますかw

82 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
WIKIより

朝鮮への伝来に関する諸説
「倭国から来た南蛮椒には強い毒が有る」と書かれ、
1614年の『芝峰類説』では「南蛮椒には大毒があり、
倭国からはじめてきたので、俗に倭芥子(倭辛子)というが、
近ごろこれを植えているのを見かける」と書かれており、
イ・ソンウが『高麗以前の韓国食生活史研究』(1978年)にて
日本からの伝来説を示して以降、それが日韓共に通説となっている。
伝来理由としては朝鮮出兵のときに武器(目潰しや毒薬)または
血流増進作用による凍傷予防薬として日本からの兵(加藤清正)が
持ち込んだのではないかとも言われている。
『花譜』や『大和本草』(貝原益軒著)などには「昔は日本に無く、
秀吉公の朝鮮伐の時、彼の国より種子を取り来る故に
俗に高麗胡椒と云う」などと朝鮮から渡来したことが書かれている。
これは一見相反するが、日本に唐辛子が伝わった当初は
日本国内ではあまり広まらなかったまま、朝鮮に伝来し、
その後日本国内でも広まったためではないか、と解釈されている。
一方で1460年に発刊された『食療纂要』に
チョジャン(椒醤)という単語があるとし、
それがコチュジャンを意味するもので、
日本伝来の唐辛子とは違う韓国固有の唐辛子は
すでにあったと主張する韓国の研究者も存在する。
しかし、1670年の料理書『飲食知味方』に
出てくる数多くのキムチにも唐辛子を使用したものは一つも見られず、
韓国の食品に唐辛子を使用した記録が19世紀に少し出てくる程度であることから
疑問の声もあがっている。



87 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>1614年に書かれた「芝峰類設」という

だ〜から〜芝峰類説だといつも2chで教えてやってるのに。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945663/5
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BA38237695
http://www.google.co.jp/#q=%22%E8%8A%9D%E5%B3%B0%E9%A1%9E%E8%A8%AD%22


239 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
唐がらしの伝来を知って
新たな無理やりな説を捏造しはじめたか
玉置 麗華 | 韓国料理・食材・飲料など | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









ブログパーツ